ミサワホームの評判から家を建てよう【暮らし快適ドットコム】

ホーム

不動産の価値

インフレーションに強い資産を持っておくことが重要です

不動産はインフレーションに強い資産です。つまり、物価上昇が起きている時期には一緒になって不動産の価格も上昇していく傾向があります。現金や国債の場合には、インフレーションが起きても額面金額が変わらないため、実質的な価値の目減りが起こり、インフレーション下では財産が毀損されることになります。そのため、物価が上昇し始めたと感じた時には、現金の一部を株式や不動産など、インフレーションと共にその金額が変わっていく資産に変えておく必要があるのです。過去におきたインフレーションの際には不動産の価格が何倍にもなりました。土地神話が登場し、土地の価格は下がらないと信じられた時もあったのです。しかし、行き過ぎた価格上昇がその後の急落を招いています。

売却の時期が重要です

不動産を保有する際には、この点に気を付けましょう。つまり、今の状況がバブルなのかどうかを判断する必要があるのです。現在、金融緩和政策が取られており、市場にお金が溢れている割には不動産の価格は緩やかです。しかしながら、どこかで一気に不動産にお金が流れ込む可能性もあります。資産運用をするにあたっては金融緩和策が転換され、金融引き締め政策が取られるまではインフレーションを意識しながら、不動産や株式に投資をしていくことを考えておかなければいけません。そして、インフレーションがピークアウトし、デフレーションを迎える際には、今度は株式や不動産などを売却し、現金や国債などデフレーションに強い資産に変えておきましょう。