ミサワホームの評判から家を建てよう【暮らし快適ドットコム】

ホーム

新たな暮らしを

売却時に掛かった費用で戻ってくるものもあります。

マンションを売却する際には、個人売買にしろ仲介業者を利用する場合にしろ、売却費用が掛かります。仲介業者を利用する場合には、仲介手数料が掛かります。また、登記抹消手続き等で司法書士に支払う費用の他、不動産売却によって得た所得に掛かる税金や、印紙代などがあります。 これらの費用は、ほとんどの場合かならず掛かる費用です。しかし、場合によっては戻ってくるお金もあるので、お得にマンションを売却するためには事前に知っておいた方が良いものもあります。例えば、手数料は上限が法律で決められており、上限以下の手数料でマンションを売ることのできる場合もあります。また、税金は所得の損益通算が可能な場合もあるので、税務署等に相談する事がおすすめです。

売却時に掛かる費用の相場はケースバイケースです。

マンションを売る際に必要となる費用は、一概に相場が決まっているわけではありません。マンションを売る際の売却価格によっても左右されますし、その地域の不動産売買の慣習によってもかなり変動が大きいです。 しかし、マンションを売る際に仲介業者を利用した場合に掛かる費用は、上限金額が決まっているので、そこだけは相場のような物が存在しています。それが売却価格の3%プラス63000円というものです。この価格を知っておくことは、マンションを売る際に掛かる費用の一つの目安となります。この他、司法書士を利用した場合の費用についても、地域によってある程度の相場はできていますので、最寄りの司法書士事務所等に相談してみることをおすすめします。